平成30年度学校教育計画

 

【教育目標・基本方針】

1 基本方針

 (1)  自主自律の精神に富み、活気ある本校教育の伝統を継承し、主体的な教育活動の展開により誰もが自己有用感をもてる学校づくりに努める。

 (2)  保護者や地域社会と連携した生徒指導に努めると共に、時代の変化に対応できる確かな学力と礼儀を根底に据えた心豊かな生徒の育成に努める。

 (3)  教職員の資質・能力の向上を図り、保護者や地域から愛され信頼される学校づくりに努める。

2 学校教育目標

  「礼節を身に付け、心豊かにたくましく成長する生徒の育成」

 (1)  校 訓 ・・・・ 「自主・友愛・勤労」

 (2)  教師訓 ・・・・ 「健康・誠実・信頼」

 

【経営の重点と努力事項】

Ⅰ 経営の重点

1 生徒に「良い生活習慣・良い学習習慣」を身に付けさせ、将来にわたって社会に貢献できる人物を育てる。良い言行(モデル)を称賛することで、意欲付けを図る。

2 今からの時代に特に必要とされる問題を解決しようとする力、現実に満足せず想像していく力を育てる。

 

Ⅱ 具体的な努力目標

1 生徒指導の徹底

 (1)  組織として対応する生徒指導体制の確立・強化を図り、積極的かつ迅速な対応に努める。

 (2)  肯定的理解に努め、生徒一人一人の実態に添った生徒指導に努める。

 (3)  学習訓練の徹底と基本的生活習慣の定着を目指すと共に、規範意識の定着に努める。

 (4)  積極的な情報収集に努め、「報告・連絡・相談」の徹底による正確な状況分析並びに機を逃さない対応に努める。

 (5)  温かい人間関係を軸とした学級経営・部活経営を行い、いじめ・不登校の根絶に努める。

 (6)  家庭・地域・関係機関との連携に努める。

   ア 関係機関との情報交換を密に行い、生徒の状況把握に努める。

   イ 市内の各小中学校との連絡・連携を密にし、学校間にまたがる課題の解消に努める。

   ウ 地域に積極的に交流し、児童生徒を守り育てる協議会等を中心に、地域ぐるみで、健全で郷土愛に満ちた生徒の育成に努める。

   エ 学校通信をはじめとする各種通信や学校のホームページ等により情報発信を積極的に行い、本校教育活動に対する保護者や地域の理解と協力を得る。

 

2 確かな学力の定着と向上

 (1)  教師の授業力を向上することで生徒の学習意欲を高め、主体的で対話的な深い学びを実現し、家庭学習の充実を図る。

 (2)  学習ルール(特に挙手・発表の仕方)を徹底し、学習に集中できる環境づくりに努める。

 (3) 補充学習を充実し、個に応じたきめ細かい学習支援を行う。

 (4) 小・中、中・中連携の充実を図る。

 

3 部活動の充実

 (1)  部活動の指導の目標を、生徒の豊かな人間性の育成としてとらえ、心・技・体を鍛える指導に努める。

 (2)  教師は指導力の向上に努めるとともに、生徒一人一人が充実感や達成感を味わえるような指導に努める。

 (3)  部活動運営に対し、保護者の理解や支援を得られるよう、情報発信に努める。 

 

4  道徳教育の推進

 (1) 学校の教育活動全体を通して、人格の形成や好ましい人間関係の育成に努める。

 (2) 道徳教育全般に対するこれまでの取組を見直し、道徳科への取組を強化する。

 (3) 全教育活動を通して挨拶の指導に努め、挨拶のできる生徒の育成に努める。

 

5 特別活動の充実

 (1) 望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図る。 

 (2) 学校行事における生徒会活動を重視し、集団への所属感や連帯感の高揚に努める。

 

6 進路指導の充実

 (1) 職場体験学習の充実に努め、社会的・職業的自立を目指すキャリア教育の推進を図る。  

 (2) 望ましい勤労観・職業観の育成を図り、適正な進路選択の能力を高める。 

 

7 人権・同和教育の推進

 (1) 学校生活を通して、自尊感情を育てながら仲間意識の高揚に努める。 

 (2) 生活の中での不合理や矛盾に気付き、差別解消につながる意欲や態度を育てる。

 

8 特別支援教育の充実

 (1)  全教職員が障害のある生徒への正しい理解と認識を深め、教師間の連携と協力を図る。

 (2) 特別支援教育に関する研修及び校内支援委員会の充実を図り、個に応じた指導と支援の充実に努める。

 

9 健康安全教育の推進

 (1) 「早寝・早起き・朝ごはん」等の基本的生活習慣の定着に努める。

 (2) 身の回りの生活に係る安全と交通安全、合わせて防災に関する指導の充実に努める。

 

【管理運営】

1 人的管理

 (1) 教職員一人一人が自己の職務を厳正にこなし、連携協力により学校組織としての活性化を図る。

 (2) 生徒や教職員の心身の健康管理に十分配慮する。

 (3) 教育公務員としての服務規律を厳正にし、信用失墜行為の根絶を図る。

 

2 物的管理

 (1) 施設・設備の整備と充実を図り、効果的で潤いのある学習環境づくりに努める。

 (2) 潜在的な危険個所の除去と事故防止に努め、安全管理を徹底する。

 (3) 通学路の安全点検並びに校区の有害環境の把握・除去に努める。

 

3 事務的管理

 (1) 校務分掌の明確化と適正化を図り、事務処理の効率化を図る。

 (2) 公金の使途や収支を明確にして、厳正な監査により適切な処理を行う。

 (3) 本市の学校情報セキュリティの規定に厳正に従い、個人情報の流失等が起こらないよう情報の管理を徹底する。

 (4) 共同事務室との連絡・連携を密にし、拠点校としての正確で効率的な事務処理を行うための体制の充実に努める。