宇和島市立城南中学校 いじめ防止基本方針

 

はじめに

 いじめは、いじめを受けた子どもの教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に

重大な影響を与えるだけでなく、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものである。

 宇和島市においては、市教育委員会が中心となって、「いじめは絶対に許さない」という強い意志のもと、いじ

めの未然防止、早期発見、早期対応に努め、家庭・地域・関係機関等と連携し、「いじめ根絶」に向けて取り組ん

できたところである。

 宇和島市立城南中学校いじめ防止基本方針は、子どもの尊厳を保持する目的のもと、関係者が連携して、いじめ

問題の克服に向けて取り組むよう、いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第13条の規定に基づき、

学校におけるいじめ防止等の対策を総合的かつ効果的に推進するために策定するものである。

 

1 いじめ防止等のための対策の基本的な方向

(1) 基本理念

   いじめは、すべての生徒に関係する問題である。

   いじめ防止等の対策は、すべての生徒が安心して学校生活を送り、様々な活動に取り組むことができるよう

  に、学校の内外を問わず、いじめが行われなくなるようにすることを目指して行われなくてはならない。

(2) 定義

   法第2条において、いじめとは、「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童

  等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的または物理的影響を与える行為(インターネットを通じて

  行われるものを含む)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。」と

  定義されている。

(3) 理解

   いじめは、どの子どもにも、どの学校でも、起こりうるものである。

 

2 いじめ防止のための手立て

(1) 自己肯定感を高める指導

  ア 良い面、良い行いを見つけ、生徒をプラス評価する場面を増やす。

  イ 個々に仕事を任し評価することで、集団への所属感を味わわせる。

  ウ 褒める指導を基本に、「ならぬことはならぬ」の指導を徹底し、その後の生徒の変容を見届ける。

(2) 生徒理解と観察

  ア 朝の会や終わりの会で、いつもと様子が違ったりふさぎ込んでいたりしている生徒がいないか気を付け、

   生徒の表情や態度をよく観察し、必要に応じて話を聞く。

  イ 一人でいたり、グループ活動を嫌がったりする生徒がいないかなど、孤立しがちな生徒をよく観察する。

  ウ あゆみ指導を通して、生徒の思いや悩みの把握に努める。

(3) アンケートの実施と教育相談

   1か月に1回、「城南中学校をより良くするアンケート」を行い、それを資料として必要に応じて教育相談

  を行う。

(4) 情報交換会の実施

   毎週火曜日朝の会の時間を利用して、校長・教頭・生徒指導主事・各学年主任が情報交換会を実施し、情報

  の共有を図る。

(5) 児童生徒をまもり育てる協議会の開催

   校区の小中学校関係者、関係諸機関、民生児童委員、主任児童委員等により、児童生徒の健全育成に向けた

  情報交換・意見交換を年2回開催する。

(6) 人権教育

  ア いじめのない学校・学級づくりをテーマにした生徒集会や学級会を開き、生徒の人権意識を高める。

  イ 11月を人権強調月間として、人権について考える機会を多く取るようにする。

 

3 いじめが発見された場合の対応

(1) 初動の対応

  ア いじめの訴えを受けたり、いじめを発見したりした職員は、生徒指導主事か学年主任に報告する。

  イ 生徒指導主事は、校長・教頭に報告し、「いじめ対策指針及び対応マニュアル」に基づいて、今後の対応を

   協議する。

(2) いじめ防止等委員会の設置

   いじめ防止等委員会(管理職、主幹教諭、生徒指導主事、人権・同和教育主任、学年主任、養護教諭、学級担

  任、教科担任、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー等で構成)を開き、いじめの訴えや発見の

  内容を把握するとともに、今後の組織的な対応について具体的な手立てや役割分担を協議する。

(3) 実態把握・解消に向けての対応

   いじめ防止等委員会の協議結果を受けて、校長の命により生徒指導主事を中心にして実態把握・解消に向けて、

  組織的に対応する。

(4) 事後の支援被害

   生徒・加害生徒の指導以後の様子を持続的に観察したり、教育相談をしたりして、いじめが解消しているか確

  認する。

 

4 重大事態への対応

  学校は、事案が重大事態であると判断し、調査を行った場合には、市教育委員会を通じて宇和島市長に調査結果

 を報告する。