城南中学校日記

2年生技術の授業の様子

前回は、かんながけの様子をお伝えしました。

今回は、ねじ回しやはんだづけです。

ねじ回しは、押し回しが難しく、ねじ山をつぶしてしまう生徒もいます。

はんだづけも中学校でしか行わない生徒もいるかも知れませんね。

生徒は、楽しく作業を行っています。

12/19の給食

カレーピラフ、星型メンチカツ、シーザーサラダ、じゃが芋と豆のスープ、クリスマスカップケーキ、牛乳

今日は、クリスマスデザートを出しています。日本では、クリスマスにケーキを食べるのが定番になっていますね。いちごの乗ったショートケーキがよく食べられていますが、実はこれは日本独自のもので、昔、まだ洋菓子になじみがなかった時代に、あるお菓子屋さんがクリスマスに合わせて売り出したのが始まりだそうです。また、フランスでは「ブッシュ・ド・ノエル」という薪の形をしたケーキが、ドイツでは「シュトーレン」というドライフルーツの入った甘いパンがクリスマスの行事食として食べられています。

薬物乱用防止教室

18(火)の5校時に、薬物乱用防止教室が行われました。

南予地方局健康福祉環境部の方に来ていただき、薬物、たばこ、お酒の害を中心にお話をいただきました。

とても静かに話を聞いていました。

 

 

12/18の給食

ごはん、えび餃子、大根のナムル、豆腐のカレー煮、牛乳

ナムルとは、朝鮮の家庭料理のひとつで、もやしやほうれん草、ぜんまいなどの野菜をゆでて、しょうゆやごま油などの調味料で和えたものです。そのまま和え物として食べるほか、ビビンバの具にしたり、スープに入れたり、クッパというスープご飯にしたりと、いろいろなアレンジで食べられるようです。今日は旬の大根を使ってナムルを作りました。

寒い中でも

寒い日が続いていますが、生徒は部活動に励んでいます。

運動部の人は、この冬にしっかりと体力をつけましょうね。

総体は、体力勝負ですよ!

 

写真は、軟式野球部の練習試合の様子です。先週の城川戦に続き、今週は、城辺・内海(連合)戦でした。

12/17の給食

ごはん、鰆の柚香焼き、ゆかり和え、みぞれ汁、牛乳

大根おろしを使った料理に「みぞれ」という名前が付けられることがあります。みぞれとは、天気の用語で、雪と雨がまざって降ることを指します。大根おろしの見た目がこのみぞれに似ていることから、そのように呼ばれるようです。生の大根はすりおろすことで辛みを感じるようになりますが、それを加熱することで、甘みが強くなります。今日のお汁にも大根おろしを入れています。甘みを感じるでしょうか?

1-2道徳の研究授業

14(金)に1-2で道徳の研究授業が行われました。

グループ学習では、タブレットを使用していました。

授業を通して、授業後に自分の考えが変わったところがあると思います。その部分を大切にしてほしいです。

 

12/14の給食

ごはん、おでん、肉みそ、ごま酢和え、牛乳

おでんはもともと、豆腐にくしを刺して焼いた「田楽」という料理から生まれたといわれています。それが、江戸時代に今のような煮込み料理に変わったそうです。今では日本各地で特徴のあるおでんが食べられていますが、愛媛では、みがらしみそをつけて食べられることが多いようです。今日は、ひき肉を入れた肉みそを出しています。おでんやご飯にかけて食べてみて下さい。

映画上映会

17(月)に、映画上映会があります。

保護者の方で興味のある方は、御参加ください(懇談会の時間になります)。

12/13の給食

ごはん、鯵フライ、切干大根の和え物、白菜のとろみ煮、牛乳

今日は「水産の日・地産地消の日献立」です。今月は宇和島でとれた鯵をフライにしました。鯵は「味がいい」ので「あじ」という名前が付けられたといわれています。また、回遊する鯵よりも、回遊しないでその場にとどまっている「瀬付き」と呼ばれる鯵は脂の乗りがよく、おいしいといわれています。愛媛には伊方町の「岬アジ」、三瓶町の「奥地アジ」、宇和島の「伊達アジ」といったブランド鯵があります。