城南中学校日記

週末の部活動

9(土)は暖かく、外で部活動をしていても活動しやすい気候でした(花粉は気になりますが、)。

バレー部の声が外まで聞こえてきました。練習試合をしていました。

軟式野球部は休憩中でした。

設定練習に向けて、各自で投球練習や捕手の練習中でした。自主的に動けていていいですね。

3/11の給食

ゆかりごはん、わかさぎフライ、白菜の酢の物、肉じゃが、牛乳

私たちがよく食べる魚は、海でとれるものが多いですが、わかさぎは海水と真水が混ざった場所や、湖などでも生きられます。真冬の凍った湖で、氷に穴をあけ、釣竿を垂らして魚を釣っている光景を見たことがありませんか?あれはわかさぎ釣りをしているところです。頭からしっぽまで食べられて栄養満点の魚です。

部活動部長の言葉④

今日でファイナルです。

【美術部】

 美術部の活動を振り返ると、いろいろ頑張ったことや達成できたことを思い出します。中でも、印象に残っているのは体育祭のスローガン制作です。一学期の終わり頃から夏休みにかけて、とても暑い中、みんなで配色を工夫して、一生懸命丁寧に塗りました。

 また、城南祭の展示に向けて、各自で題材を選び、自分の作品を毎日コツコツ仕上げました。制作がうまくいかず、悩むこともありましたが、あきらめずに頑張って、城南祭で、たくさんの作品を展示し、みんなに見てもらうことができて本当に良かったです。私自身も、たくさんの切り絵に挑戦して、だんだん細かな作品も切れるようになったので、これからも技術を磨いていきたいと思います。

 来年の部長、副部長には部員を引っ張り、より一層、明るく楽しいやりがいのある美術部にしてくれるよう期待しています。

3/8の給食

むぎごはん、中華丼、大豆と小魚の揚げ煮、牛乳

 

今日の揚げ煮には、大豆、いりこ、かぼちゃが入っています。大豆は様々な形に姿を変えて利用されており、日本人の生活に欠かせないものになっています。、豆腐や油揚げのほか、しょうゆやみそなどの調味料、きなこや油なども大豆から作られます。しかし、今ではほとんどが外国からの輸入品です。大切な大豆が日本から失わなれないようにしたいですね。

3/7の給食

ごはん、さばのみそ煮、大根のゆず風味あえ、豚汁、牛乳

ゆずは、よい香りと、酸味が特徴で、日本料理でよく使われる果物です。果汁を使うことが多いですが、皮も唐辛子と混ぜて「ゆずこしょう」という調味料にしたり、まるごと「ゆべし」というお菓子にしたりと、様々な利用方法があります。ビタミンCやクエン酸が多く含まれているので、疲労回復や、カルシウムの吸収を助けて骨を丈夫にするなどの働きがあります。