2018年10月の記事一覧

10/24の給食

裸麦パン、スパゲティミートソース、コールスロー、牛乳

今日のサラダは「コールスローサラダ」と言います。コールスローとは細かく切った「キャベツ」を使ったサラダのことです。オランダ語の「キャベツサラダ」を意味する、「コールスラ」から「コールスロー」になりました。今日の「コールスローサラダ」は油や砂糖、酢、レモン果汁で味付けしています。たくさん食べてくださいね。

10/23の給食

ごはん、鶏肉のカレー焼き、ブロッコリーサラダ、ビーンズスープ、牛乳

わたしたちの食事は、自然の恵みと多くの人々の働きによって用意されたものです。「いただきます」のあいさつは、食べ物の命をいただくという意味があります。食べ物は私たちの食料になる前は、それぞれ命をもった動物や植物でした。そんな食べ物を無駄にすることは、その命を粗末にすることになります。「ごちそうさま」のあいさつは、馳走という言葉がもとになっています。これらは、わたしたちが食事をすることができるように、駆け回ってくださったさまざまな人の苦労をねぎらう意味があります。これらの意味をかみしめ、心をこめて食事のあいさつをしましょう。

週末の部活動その②

【剣道】

高等学校新人大会南予地区予選を見学しました。

生徒の感想を掲載します。

 

高校生の試合を、部員の仲間と見ました。(剣道では見取り稽古と言います。)

高校生は動きがけた違いに速かったので驚きました。僕の場合、自信がなくて打っていけないところを、高校生は積極的に打っていました。

高校生がすごいことの理として、特に足が止まらないことがポイントだと分かりました。打つ時にも二、三段と連続で打っていたところが、とてもかっこよかったです。

これから直したい自分の課題は主に二つあります。

一つ目は足さばきです。まだまだ足の動きが遅いので直していきたいです。

二つ目は連続技です。城南中は一本打って終わることが多いので、果敢に攻める姿勢を身に付けたいです。

今日はとても貴重な機会となりました。

 

週末の部活動 その①

市郡新人総体を終え1か月、運動部にとっては、春にある大会までとても長い秋・冬シーズンです。

この秋・冬いかに鍛えるかが来春の市郡総体にとって大切になります。

この週末は、練習試合を行っている部活動が多かったです。主な部を紹介します。

 

【バスケ女】城東・城辺・北伊予・宇和島東高・吉田高が来校しました。強豪校や高校とも練習でき、よい経験ができました。

【軟式野球】大洲・喜多地区優勝の大洲東・肱川連合と試合でした。結果は1敗1分け。きびきびとした声をはじめたくさん学ぶことがありました。

【サッカー】EPリーグでした。現在全勝の肱東中と前半0-0と健闘しましたが、力及ばず0-2で惜敗しました。

【卓球男】城北・城東・津島・保内・宇和他南予地区の中学校と1日団体戦をしました。充実したいい試合ができました。団体としてのチームワークがとれてきました。

【ソフトテニス男】城北・八代との試合でした。1年生が力をつけていることを実感しました。2年生も試合運びに安定感がありました。

【ソフトテニス女】宇南との試合でした。それぞれの課題がはっきりと見えた感があります。その課題克服に向けて練習したいです。

【陸上競技】長距離は市駅伝の試走に、短距離は丸山で練習しました。県新人・市駅伝まで1週間。しっかりと調整をしたいです。

 

来校していただいた皆様ありがとうございました。生徒のみなさんお疲れ様でした。御協力いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

10/22の給食

ごはん、春巻き、ポテトサラダ、豆腐のみそ汁、牛乳

豆腐は大豆から作られています。大豆は「畑の肉」と言われるほどたんぱく質がたくさん含まれています。大豆はそのまま食べるより豆腐やみそ、しょうゆ、納豆、きなこなどいろいろな食品へ加工した方が食べやすく、消化吸収されやすくなるので大豆加工食品がたくさん作られました。大豆はたくさんの栄養素を含んでいますが、加工されることによって大豆のすごさを発揮します。