部活動主将の言葉⑦

【バスケットボール部男子】

 僕は、主将としていろいろなことを学びました。人前に立つのが苦手な僕でしたが、後輩の指導や大会・練習試合の挨拶などで自分を少しずつ変えていくことができました。

 部員が少なく、四名では試合に出られないため、陸上部から二名の協力を得て、全ての大会に出ることができました。リーグ戦では、三部で二位に入ることもありました。また、自分自身としては三ポイントシュートをブザービーターで決め、同点に追いついた試合が一番の思い出です。

 三年間、バスケの朝練習・放課後練習や陸上競技・駅伝の練習ももう1人の3年生と共に頑張ってきました。本当に大切な仲間です。そして、いつも支えてくださった先生方、コーチ、家族、そして後輩に感謝の思いでいっぱいです。これからも、大好きなバスケを通して、成長していきたいと思います。

 

※なお、バスケットボール部男子は、新入生からは募集をいたしません。