城南中学校日記

9/20の給食

芋ごはん、鯖の生姜煮、ごま酢和え、沢煮椀、牛乳

「こんにゃく」、「さと」、「さつま」、これらの言葉の後に共通して入る言葉はなんでしょう?

 

答えは「芋」です。こんにゃくは里芋の仲間であるこんにゃく芋から作られます。里芋はいもたきや豚汁などの料理で給食に出てきますね。さつま芋は昔、中国から沖縄県・鹿児島県を経て日本全国に伝わってきたとされています。鹿児島県は昔は「薩摩」と呼ばれていたので「さつま芋」と呼ばれるようになりました。

市郡新人総体激励会

19(水)6校時に、市郡新人総体激励会が行われました。

各部が決意表明をしました。

本番では、自分のベストが尽くせるよう頑張ってください。

 

校内研究授業(2-2道徳)

19(水)3校時に、2-2で道徳の研究授業が行われました。

今回は、道徳の教科化に向けて実践を始めているローテーション道徳を行いました。

2-3担任の増田先生が2-2で授業をしました。

話合い活動もあり、活発な意見が出ていました。

 

9/19の給食

ごはん、かぼちゃグラタン、小松菜サラダ、鶏肉のトマト煮、牛乳

 

かぼちゃは、「冬至に食べると病気にならない」と古くから言われており、冬の野菜のイメージがあるかもしれませんが、旬は6月から9月ごろです。カロテンが多く含まれ、紫外線でダメージを受けた皮膚や粘膜を正常に保つ効果があります。多くの野菜は新鮮なほうがおいしく、栄養価が高いですが、かぼちゃは別で、丸のまましばらく時間をおき、熟成させたほうが甘みが増し、カロテンも多くなります。

修学旅行説明会

13(木)に、修学旅行説明会が行われました。

御参加いただいた保護者の皆様ありがとうございました。

修学旅行まで1か月を切りました。充実したものにしたいですね。